ウェルフェアオブラビット FILE-No2

会場内のスナップです。
会場内でdibbleさんからのご縁で参加されていた作家さんの詳細はこちら

LOVE&PEACEブースでは、ワタクシmaromamaが、「RabbitWaltz」としてちまちま〜っと作るうさ小物と、
今回初めてハンドメイドグッズをご提供頂いたfleurさん。
キラキラアクセ系は、今までラブピのカテゴリーにあまりないもので
作ってみようかしら・・と思っていた所、カワイイグッズをご提供くださったので
ナイスタイミング♪でした。
ありがとうございました。






こ〜んな感じで、ボランティアスタッフTさんが頑張って並べてくれました。


ERLで、チャリティーバッチをお買い上げ下さった方が、
かっこよくつけてくれてましたよ♪センスいい〜。
こんな感じで、アピールする方法もあるのですね★


ファイル閲覧して感慨深い表情の方や、チラシもお持ち帰り下さった方も多かったです。


取材に来て下さった「うさぎと暮らす」さんの過去雑誌や、様々なうさぎ関連資料の閲覧コーナー.
20日の前日、私の飼ってるうさぎさんがちょうどうっ滞で夜に病院に行って点滴をうけたとこだったのですが
この、「ホリスティックケア」の本、かなり気になったので買う事にしました。
「知ってるから」と、予定調和の治療だけでなく、ツボや食事療法を見直す余地もあるな〜ッて。
思ったんです。
何かあってから病院に頼る前に、体内改善や免疫力の向上に努めれば
未病で防げれば、いいな。


こちらは、スナッフル向けのツボ。
最近はうさぎ向けの家庭医学書的なのが増えて来たので、ありがたいです。
素人判断もよく無いので、まずは病院ですが。

うさぎにマッサージッて、難しいんだけど
根気よく、じ〜〜〜〜っくり続けてみれば
慣れてくれたりもします。
こちらも集中して、「よくなれ〜、よくなれ〜」と気持ちをこめて優しく続ければ
うさぎも目を閉じて、身体を任せてくれる事も増えました。
相変わらずさせてくれない子もいるのですが(泣
がんばります。




こちらはお勉強会の様子。定員一杯で、立ち見や当日ご希望の方も。
みなさん、うちのコの為に・・と必死です。
それぞれ得るものがあった事でしょう〜。



リニューアルした募金箱にも、皆様の暖かいお気持ち、頂戴致しました。
ありがとうございます。

こちらのブログを見てますと、お手紙を下さった方もいらっしゃるとの事。
私達は個人的素人的な主観で描く非公式ブログですが、
保護っこのご縁のきっかけに少しでも繋がればいいな!と思います。

パネルの内容まとめは、また後日まとめて、掲載予定です。

うさぎをこれから飼う方は、色んな情報を知って、病気、引っ越し、
今後の生活環境、色んな事態をシュミレーションしてみて、
それでもその命を一生涯かけて守れるかを、想像してみて下さいね。

私も、色々と考えさせられるイベントになりました。
家のうさぎ達がもっと健康で、幸せでいてくれるようがんばろーと思いました。

以上、ウェルフェアオブラビットのご報告でした。
スタッフの皆様、本当にお疲れさまでした。

また、次回開催に繋がりますように。