ミネアちゃんと子どもたちトライアルへ

▲出発時のミネアとベビー


先日、ミネアちゃんとベビーたちはトライアルのため新しいおうちへ巣立ちました。
ミネアちゃんはともかく、ベビーたちの譲渡には今までと同じではいかないため頭を悩ませていただのですがミネアちゃんを含むベビー6匹が一緒に同じところへ嫁ぐことになりました。

通常の譲渡規約には過度は多頭飼育の方はお断りさせていただいていますし、7匹を一緒になんて大丈夫なの!?と心配される方も多くいらっしゃることかと思います。過度な多頭飼育をお断りさせていただいている理由はたくさんあってここでは述べませんが・・
それにやはり私はうさぎは多頭飼育に向かないなぁと日々感じていますので推薦しているわけではありません(多頭といっても3匹くらいまでが限度かなと感じています)


私が今回7匹の里子をお願いしたのは、うさぎと暮らす上で知識がある方、「私はうさぎ飼育20年です!」といっていつまでも古い考えのままではなく常に勉強している方。介護の経験が豊富で対応できる経済能力と時間がある方。何よりうさぎたちに最善を尽くしてくださる方。

▲おうちについてさっそく探索を始めるミネアとその子どもたち

子どもたち6匹を一緒に引き取りを申し出てくださったのはこの子たちの生い立ちと行く末です。
何度も申してますが決して強い子たちではなく免疫力が低い子たちなのです。一般に里親募集できないし、したとしても理解してくださる方にしか譲渡できない子たちでした。ミネアちゃんは正直死んでしまうのじゃないかと一時期は本当に心配になりましたが療養の中で日々元気になっていきました。なのでこの子は一般に里親募集できたかもしれません。でもミネアちゃんも一緒にという思いはベビーたちのいく末だけのことではなく「ミネア一家」に愛情を注いでくださる方だと確信しています。

いろんな子をお届けしてきて、すぐに興味津々であちこち探検したり、すぐに馴染む子もいればなかなかキャリーから出ずブリキの人形のような動きをしたり、腰を抜かして倒れてしまう子もいましたがミネアを含むベビちゃんたちはまるで何事もなかったかのように遊び始めました。うさぎ部屋ではなく私の自宅からの引越しなのである程度「おうち」慣れしてるのかもしれませんが全員が体調を崩すどころが元気すぎてびっくりするくらい元気にトライアルを開始しました。

先ほど少し話した里親さんは今回この子たちを迎えるためにお部屋の一室を改築しペット用のクッションフローリングに変える工事を行なったそうです。ペット用と言いましてもうさぎにはやはり多少滑るのでマットを敷いてもらっていますが普通のクッションフローリングとは違い柔らかく厚みがあるのが分かります。人間が寝ても痛くないと感じるくらいです。

ミネアちゃんがコンフォート80のケージで広々暮らしていて、私の家ではまるで出来なかったトイレも出来るようになったそうです。子どもたちは大きい子3匹はすでに独立し小さい子3匹がミネアちゃんの隣の80サイズのケージで過ごしています。

里親さんは、ココロのおうちのスタッフさんでうさぎにとても詳しい方です。
何よりもうさぎに対しての愛情は素晴らしく熱い方だとお聞きしています。
この7匹をお迎えするにあたって7倍の費用がかかっていると思います。
この子たちのためにトイレや給水ボトルやおもちゃも全て新しく揃えてくださっています。

私は「行くところないなら場所があるから引き取れるよ」という方なら絶対お渡ししていません。だってそれだったらうさぎ部屋にいればいいことですから!

ニュアンスの問題なので説明しづらいのですが里親さんがこの子たちと暮らしたい!という気持ちを大切にしたいんです。それがたとえハンデのあったこの子たちでもワガママかもしれませんが・・・譲れないのです。その理由のひとつは里親さんも毎日幸せを感じて欲しいのです。お世話しているという気持ちではなく迎えたことによって幸せを感じてもらいたいのです。

なかなかそれがみなさんに伝えられるか不安ですが(文章能力がなくて)
ココロのおうちさんで朝から働いてご自分のお仕事もあり、多忙の中でもしっかりこの子たちとの時間を作ってくださり、毎日それぞれの子たちの気づいたことなどを写真や動画で連絡くださります。
まとめて「7匹は元気です」と言ってしまえば簡単で面倒なことはないですが、この子はこんなことをした、元気に走っているなどなど伝えてくださります。正直私が区別がつかないのですがひとりひとりを見てくださっているということが分かり里親さんの思いが伝わります。

今STRでも子どもたちにはこちらのフードをメインに与えているのですがミネアちゃん一家も同じで3日で2kgを消費すると聞き、STRで暮らしているほかのKidsたちよりたくさん食べてるように思います!きっと本能でたくさん食べて強くならないと!って思ってるのかもしれませんね。

こちらは6匹が独立した時に住むというケージ。中にそれぞれワラのハウスが入っています。

今まで6匹で支えあってきました。子どもたちはこれからは里親さんにめいいっぱい甘えて可愛がってもらいたいと思います。ミネアちゃんも過酷な環境下で生まれ育って、河川敷生活や出産、入院、通院などで辛い日々が続きましたがこれからはのびのび暮らしてもらいたいです。

私もこれからもずっとこの一家を見守らせていただきたいなと思います。
とりあえず、トライアルという形ではありますが、ミネアちゃん、べびちゃんたち幸せになって欲しい!!

思いがこもりすぎて動画まで作りました!笑